スポンサーサイト

2008年11月11日

田母神前空幕長の参考人質疑について

今日、田母神前空幕長(田母神俊雄氏)の参考人質疑がありましたね。

参考人質疑の内容はとりあえず置いておくとして、
ボクは「田母神氏はそこまで非難されるようなことはやっていない」と思います。


今回の騒ぎは、「日本は侵略国家であったのか」と言う田母神氏の論文が、アパグループ主催の『「真の近現代史観」懸賞論文』で最優秀賞を受賞したことに端を発しています。

この論文について、秦郁彦氏を始めとした現代史の研究者方から批判を受けているようですが、そんなボロクソに言われるような内容の論文が最優秀賞をいただくわけはないじゃないですか?

現代史の研究者方とは違う論であるから、ボロクソに叩いているだけにしか見えません。
つまり、「気に入らない説だから、批判している」ようにしか見えないんですよね。

懐が小さいと言うか、縄張り意識が強いと言うか・・・
知識人って文化人のハズなのに、賢しらぶっているようにしか見えません(笑)


まぁ、学者さんについては置いておくとして、
それよりも問題なのは、「日本は言論の自由が保障されているはず」、と言うことです。


政府見解と異なる論を発表したから、
更迭処分にされたり、退職金の自主返納を求められたりしているんですよね?

・・・この国は何時から言論統制をされるようになったんですか?

確かに、「航空自衛隊のトップ」が政府見解と異なる論を公に発表するのは褒められた行為ではないかも知れません。ですが、内規で「政府見解と異なる論を発表してはならない」と決まっているわけではない(ハズ)です。

ならば、更迭処分も退職金の自主返納も「言いがかり」に近いものと言えます。

「世間を騒がせた、高官としては不適切な行為」とか尤もらしい言い分はつけてはいますけど、要は「中国や韓国からの攻撃が恐いから処分しちまえ」って言うのが政府の考えなんでしょう。

だって、政治家の皆さんは「不適切な行為」をしているのに、
退職金は愚か高額な年金までシッカリと受け取っていますからね。


・・・しかし、なんて弱い国なんでしょう?

他国のご機嫌を窺って内政を動かしてるなんて、
「どんだけ負け犬根性が染み付いてるんだよ」と、嘆きたくなります・・・
 
 
 
posted by カゲロウ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「介護の日」って何?

みなさん、知ってましたか?
ボクはついさっき知ったのですが、今日は「介護の日」でもあるんですってね?

「ポッキーの日」と同じパターンではありますが、
「何時の間にそんなのができたのだろう?」と気になりましたので、調べてみました。


え〜〜、ググってみると、出て来たのは厚生労働省のページです。


これによりますと、

“介護について理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護家族を支援するとともに、利用者、家族、介護従事者、それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日”として、「11月11日」を「介護の日」と決めました。
※ 平成20年7月27日の「福祉人材フォーラム」において、厚生労働大臣より発表


とのことで、今年できたばっかりなようです。
・・・そりゃあ知らなくてもしょうがないですよね?


しかし、今日を介護の日に定めた理由は、

・本年7月に実施した意見募集(パブリックコメント)で最も支持が多かったものです。
・「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に、
 「いい日、いい日」にかけた覚えやすく、親しみやすい語呂合わせとしました。


らしいので、特にこれと言った深い理由があるわけではないようです。


厚生労働省は、介護やら福祉やらを取り扱っている省庁ですので、
これらの情報は限りなく信憑性が高いはずだと思われます(日本人的表現)。

てっきり、介護保険法が制定された日とか、
介護保険制度が始まった日とかにあやかっているのかと思ったのですが・・・

・・・意外と適当なんですね、公官庁って。


あ、ちなみに、介護保険法が制定されたのは平成9年12月17日らしく、
また、介護保険制度は平成12年4月1日から施行されたらしいです。
(参考文献はウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/です)



さて、今回の結論としましては、
「記念日って適当な理由でできてるんですね」ってことになりますね(苦笑)


あ、蛇足のようになってしまいますが、
せっかくの「介護の日」なので、介護について調べてみるのもいいかも知れませんね。

いつかお世話になるかも知れないものですからね・・・
・・・いつまでも他人事ではありませんよね?
 
 
 
ラベル:介護の日
posted by カゲロウ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ルーツ」の「アロマブラック」いいよ!!

調子こいて2つ目のブログです。

最初からこんなに飛ばして後々ネタに困らないか不安ですが、
とりあえず、思い付いたので書いて置きます。

まぁ、おわかりかとは思いますが、今回のネタは「缶コーヒー」です。


実は、カゲロウ、コーヒーが好きだったりします(大した情報じゃねぇ)。

豆にこだわったりするほどではありませんが、
インスタントでも、ブラックで飲むくらいは好きです。

この判断基準もどうかとは思いますが、ミルクと砂糖は邪道だと思っていたりします。

まぁ、そんなわけで(どんなわけだ?)、
「最近飲んで美味しかった缶コーヒーを紹介したいなぁ」と思ったので、書いております。


その紹介したい缶コーヒーは、タイトルにありますように、
「ルーツ」「アロマブラック」なわけですが、
何故に「ルーツ(Roots)」の「アロマブラック(AROMA BLACK)」なのかと言いますと、
パッケージに魅かれて飲んみたら美味しかったからです(シンプル)。

いえ、一口に缶コーヒーと言っても、いくつも種類があるじゃないですか?
さすがにコーヒーが好きとは言え、それを全部飲むわけにはいきません。

って言うか、ブラック以外は飲みませんので、気分的に無理です(弱っ!!)。

まぁ、そんなわけで、いくつかの缶コーヒー(ブラック)を飲み比べた結果、
「これが一番ボクの好みに合った」と言うだけですので、どうかご注意ください。

・・・そもそも、ブラックが嫌いな方は参考にならないでしょうけど。


では、話題を「ルーツ・アロマブラック」君に戻しましょう。


ちなみに、オススメは「アイス」ではなくて「ホット」ですので、注意してください。

さらに、ホットだと缶ではなくボトル缶なので、
「厳密に言うと、ボトル缶コーヒーだろ」と言うツッコミもしないでください。
・・・押しに弱いので泣いちゃいます。

まぁ、それはともかく、「アロマブラック」君は、アロマと名乗るだけあって缶コーヒーのクセになかなかの香りです。しかも、缶コーヒーにありがちな無闇な苦味も程よく抑えられていて、コクもそれなりなのです。

下手な喫茶店で飲むより美味しいです(あくまでもボクの主観ですよ?)


あ、正式名称は、
「ルーツ・アロマブラックホットブレンド
 (Roots AROMA BLACK HOT BLEND)
と言うみたいです。



ついでに、これがパッケージです。
   .

自分で撮ったので鮮明ではありませんが、
メーカーのを使うと著作権が引っ掛かりそうなので、勘弁してください。


基本的には、コンビニに行けば売っていると思いますので、
ブラック好きな方は、機会があったら是非とも試してみてください。

そして、ボクと好みが一致したならば、他にお勧めがあったら是非とも教えてください。
喜んで試してみますので(って言うか、実はこっちが目的だったりします)。
 
 
 
posted by カゲロウ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月11日はポッキーの日?

さて、今日からブログを始めたわけですが・・・
何故いきなりポッキーの話題に入ったのかと言うと、実は大して意味は無かったりします。

ただ、ネタが思い付かなかったのと、
「あ、今日ってポッキーの日じゃん」と気が付いたからです。

・・・本当に深い意味が無いんです。


まぁ、理由はともかく、今の話題は「ポッキーの日」です。

そもそも「ポッキーの日」とは何なのでしょうか?
気が付けば、「11月11日=ポッキーの日」と言う図式が成り立っていました。

一体、何時の間に「ポッキーの日」は生まれたのでしょうか?
そして、何故に「11月11日」が「ポッキーの日」なのでしょうか?

・・・非常に疑問です。
(いえ、「そんなことどうでもいいじゃん」と言われれば、その通りなんですが)


この疑問の解決のために、まずは「ポッキー」そのものに目を向けてみましょう。

忘れてはいけないことですが、ポッキーとは江崎グリコの販売しているスナック菓子の商標名であり、一般名詞ではありません。

「ポキッ」と言う擬音から名付けられたそうですが、
今はそんなこと関係ありません(ポキーではないのが疑問ですが)。

そう、大事なのは、
ポッキーが一般名詞ではない以上、
 『ポッキーの日』と言うのは一般的な記念日ではないハズだ
と言うことです。


なのに、何故に「ポッキーの日」は一般的に認知されているのでしょうか?


疑問に思ったので、「ポッキーの日」でググって見たのですが・・・

江崎グリコは11月11日を「ポッキー&プリッツの日」と定め、日本記念日協会(加瀬清志代表)の認定を受けました
(参考ページは、http://www.glico.co.jp/info/kinenbi/pp/です)


・・・と言うことが明らかになったわけです。

そう、「ポッキーの日」は、「ポッキー&プリッツの日」であり、
公式に認められているっぽいのです(日本記念日協会が何なのかは置いておきます)。


ボクはこの事実に愕然としました(ドキュメンタリー風)。

名称を間違えて認識していたこともそうですけど、
何より「一菓子メーカーが商品を売るために画策したのではないか」とか
グリコ陰謀説を勝手に脳内で展開していたからです。

・・・物凄く恥ずかしいです。
穴があったら引き篭もりたいくらいです。


あ、ちなみに、何故に「11月11日」が「ポッキーの日」いや、「ポッキー&プリッツの日」なのかと言うと、ポッキーとプリッツ(スティック状菓子の代表的な存在)の形が数字の『1』に似ているかららしいです。

そして、平成11年11月11日の『1』が6個並と言う、
ある意味記念日に、「ポッキー&プリッツの日」は生まれたらしいです。


以上、江崎グリコのページを調べれば、簡単に解決した疑問なのですが、
大切なのは疑問に思う心だと思います。

・・・最後の最後でキレイにまとめようとする自分のさもしさに乾杯です。
 
 
  
posted by カゲロウ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。