スポンサーサイト

2008年11月22日

スマートフォン、赤丸急上昇中!!

スマートフォンは、日本ではまだまだ浸透していないのが現状です。

ですが、携帯会社の各社がスマートフォンに力を注いでいるのを鑑みると、
これから先、需要の拡大が見込まれている、つまり、市場が伸びていく見通しなのです。


さて、ここで「スマートフォンって何?」って方もいらっしゃるでしょう。
・・・例の如く調べてみましたので、サクサクッと解説をさせていただきます。

え〜〜と、スマートフォン (Smartphone) と言うのは、
携帯電話やPHSなどの携帯通信機器と携帯情報端末(PDA)を融合させた携帯端末です。

通常の音声通話や携帯のデータ通信だけでなく本格的なネットワーク機能や、
PDAが得意とするスケジュール管理や情報管理などの多種多様な機能を持っています。

つまり、「多彩なPDA機能が付いた高機能携帯電話」です。
(電話機能付きのPDAと言った方が正しいかも知れませんが)


さて、これでスマートフォンについては何となくご理解いただけたと思います。
ですので、ここからは各社のスマートフォンに対する動きを見てみましょう。

まず、スマートフォンの先駆けとも言えるソフトバンクですが、
「iPhone(アイフォン)」はすでに発売されていることは有名ですし、
今度、映像系に力を注いだ「OMNIA(オムニア)」を発売すると発表しました。

そして、ドコモは「ブラックベリー」の最上位機種「ブラックベリー・ボールド」を、
スマートフォンに遅れがちだったauも「Touch Pro」発売すると発表しました。

それに、携帯端末メーカー最大手のノキアも日本に参入しますし、
グーグルの基本ソフトである「アンドロイド」を搭載したモデルも参入するそうですから。

・・・以上のように、キャリア・メーカーともに、スマートフォンを押しまくりです。

それに、「ネットブックが意外と重くて電池が持たない」などの不満足ユーザーが、
「軽くて電池が持ち、ウェブが充分に使える」スマートフォンに移る可能性もあります。


きっと、来年は「既存のケータイからスマートフォンへの転換時期」になるでしょうね。
 
 
 
posted by カゲロウ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛い話、その後です

昨日、痛い話をしましたが、その経過を報告しようと思います。

簡単に痛い理由を話しますと、右足の親指の爪が剥れたって感じです。
(正確に言うと剥れ掛けたのを治療で除去したんですが)

え〜〜、昨夜こそ痛かったのですが、
朝起きてみると、それほど痛くはありませんでした。

でも、昨日「明日も来てね」とさわやかに担当医さんに言われましたので、
しぶしぶながら(歩くと痛いんです)病院に行って、患部を診てもらいました。

それで、診てもらった結果、
「うん、これなら包帯取っちゃってもいいかもね」
と、キズが大したことないと判断してくれました。

確かにそれほど痛くないし(足に力入れると痛いですが)、
爪がなくなったところにも皮膚ができていたので、そうなんでしょう。

ですが、包帯をとった下にある患部は、
見ているだけで痛い代物であることは変わりありません。

ですので、本当は巻かなくてもいいんですけど、
一応、包帯を巻いてもらいました(見ていると痛いからです)。

それに、この状態でまたぶつけたら、それこそ大惨事ですから。


あ、もともと爪が剥れかけていた状態だったので、
きっと爪の下に皮膚が出来ており、剥れるべくして剥れたって感じだったんでしょう。

だって、よく考えてみると、爪が剥れたら、血ドバドバですよね?
(完全に剥れていなかったとは言え、血がほとんど出てなかったわけですから)

それに、そうとでも考えないと、
一日で爪剥れたのが回復したら、自分の身体の回復力に疑問を持っちゃいます。


さて、これで一連の(と言っても二記事ですが)痛い話は一先ず終結しました。

まぁ、爪が生えてくるまでは、皮膚が剥き出しの状態ですから、
とてもじゃないですが「完治した」とは言えませんけどね。


あ、「見ているだけで痛い代物である患部」なんですが、
説明するのも痛いので説明は省きましたが、知りたい方は仰ってください。

・・・調子に乗って「写真」すら公開しちゃうかも知れませんよ?
 
 
 
ラベル:痛い話
posted by カゲロウ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。