スポンサーサイト

2008年12月07日

ファイテン(phiten)がいい!!

ファイテンって知っていますか?

スポーツをやっている方やスポーツが好きな方ならすぐにわかると思いますけど、
ファイテンって言うのは、簡単に言うと「スポーツ用品メーカー」ですね。

アスリートが身に着けているアクアチタン製品で有名らしいですけど、
キューちゃん(高橋尚子さん)と言った方がわかりやすいでしょうか?


・・・で、何故にスポーツ衣料品の話をしているのかと言うと、
答えは簡単で、使ってみたら非常によいものだったからです。

いい仕事してますよ、ファイテンさん。

まぁ、実を言うと、まったくファイテンには興味が無かったんですけどね、
知人にススメられたので、物は試しにってことで、使ってみたんですよ。

いや、だって、ファイテンの製品って、
スポーツ選手とかスポーツする人専用って感じがするじゃないですか?

そう言うのって、一般人には縁がないと言うか、
一般人が付けてもしょうがないんじゃないかって思うじゃないですか?

でも、実際にお店に言って店員さんと話してみると、
「いえ、意外とスポーツに関係ない人も多いんですよ」
と、爽やかに応対してくれましたからね。

その言葉と、知人の言葉を信じ、
腰用のサポーターを買って、使ってみたわけですよ。

・・・あ、実はボク、ちょっとした事情で腰が悪いんですよ。
腰痛持ちと言うか、腰が貧弱と言うか、何と言うか・・・

で、その悪い腰にサポーターを巻いて、
しばらくの間、日常生活を送ってみたわけです。

まぁ、こうして勧めているわけですから、結果はおわかりでしょう。
・・・おかげで、シップを常備しなくても済む様になりましたよ。

何でも、チタンの磁気によって体の負担がどうたらこうたららしいので、
詳しい説明はファイテンのホームページを見るか、お店で直に聞いてください。


あ、腰用だけでなく、腕とか膝とか肩とか用のサポーターもあるようなので、
もし、肩凝りとかひどいようでしたら、一回試してみるといいかも知れませんよ?
 
 
posted by カゲロウ at 20:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のランドセルはブルー系

ランドセルについてなんですけど、青系色の人気が年々上昇しているそうですね。

特に女の子向けの「水色」がヒットしているそうで、
男の子向けの「濃い青色」とともに、ブルー系が定番色になってきた感があるそうです。

ところで、新しい定番ができると言うことは、過去の定番が廃れたということですよね?
・・・つまり、伝統的な定番の「赤」と「黒」は売上が減少しているそうです。

何でも、「天使のはね」ブランドで有名なセイバンでは、
「女の子向けの定番だった濃い赤は売れないので、一部のタイプは製造をやめた」
と言うことらしいですし・・・

大手メーカーの協和も、今年はブルー系に力を注ぐようで、
ブルー系の製造割合をピンクと同じ30%程度まで増やすそうで、
また、女の子向けの水色「ソラ」を新たに加え、
男の子向けの「ネイビーブルー」も生産を拡大するみたいです。
(何と、赤は10%で黒は20%にとどまる予定なんですって)

・・・このままだと、何時の日にか「赤と黒」はなくなってしまうかもしれませんね?

あ、どうでもいいですけど、「赤と黒」って、何だか文学的な響きですよね?
(本当にどうでもいいことでゴメンナサイ)


まぁ、ランドセルの色の多様化は、
「子供の個性を尊重する現代の風潮」を反映しているとも言えますから、
「赤と黒」と言う『ステレオタイプ』は廃れてしまうのは仕方が無いのかも知れません。

でも、ボクの思い出としては、「赤と黒」ですからね・・・
・・・何だか、時代が変わってしまうようで寂しいです。

だから、個人的には、あえて「赤と黒」を選んでもらいたいですね。
(「赤と黒」が減っているなら、逆に目立ちそうですし)


って言うか、このままでは、
将来的にはランドセルそのものがなくなるかも知れないですね?

だって、ランドセルって、言うならば画一化じゃないですか?
子供の個性を主張するなら、ランドセルも廃止になっちゃうかも知れません。

・・・「赤と黒」はこの際こだわらないとしても、
ランドセルそのものは続いて欲しいですよね?

だって、子供の頃の思い出がなくなるなんて、寂しいじゃないですか?
 
 
posted by カゲロウ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。