スポンサーサイト

2008年11月14日

第三のビールって何?

第3のビールが密かに人気を集めているんですってね。

ボクはアルコールを飲まない性質なので、
「第3のビールって言うか、そもそも第2のビールって何?」って感じでした。

なので、ちょっと調べてみました。
(気になることは調べる性質なのです)


え〜〜と、まずはビールそのものの定義から行ってみましょう。

そもそもビールって言うのは、
細かい規定はいろいろあるそうですが(酒税法とかの規定)、
単純に言えば、「麦芽を発酵させて作るアルコール飲料」です。

例としては、アサヒスーパードライとかアサヒ黒生かです。



んで、第2のビールと呼ばれるのは「発泡酒」で、
これは、ビールよりも麦芽の使用率が低いそうです。
酒税法で言うと、ビールよりも税率が低いのが特徴です。

例としては、アサヒ本生ドラフトとかアサヒ本生アクアブルーとかです。



さて、問題の第3のビールですが、
麦芽以外を原料にするor発泡酒に別のアルコール飲料を混ぜるそうです。
(酒税法上、「ビールまたは発泡酒に属さないアルコール飲料」にするためです)
もちろん、発泡酒よりも税金は安いです。

あ、例としては、クリアアサヒとかアサヒ極旨とかです。
・・・しかし、メーカーもネーミングに頑張りますね。



まぁ、つまりは、ビールの税金が高いから、
第2のビールが出来て、それでも高いから第3のビールが生まれたわけですね。

・・・こんなところにも、
国の「国民から税金を搾り取ってやろう」とする略奪者精神が窺えます。


あ、話によると、麦の成分が少なくなるほど味が落ちるそうですが、
アルコールが苦手なボクはビールそのものが無理なので、その違いがわかりません。

むしろ、第3のビールの方が飲みやすい気がするんですが・・・

まぁ、ボクはビールの苦みがダメなのが原因なんでしょうけど。
(その苦味が美味しいんでしょうけど、ボクには苦いだけなのです)


本当にビールが好きな方には怒られちゃいそうですけど、
値段も安いし、「別にそこまでこだわんないし」って人にはオススメですね。
 
 
 
posted by カゲロウ at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109659245

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。