スポンサーサイト

2008年12月11日

クリスマスケーキレシピ:手作りタルト生地編

今回も前回に引き続き、クリスマスケーキのレシビです。
まぁ、今のところは、まだ生地についてだけなんですけどね。

で、今回はタルト生地についてです。

タルトは、最近では注目されるようになって、
スポンジのケーキと人気を競い合っているようですね。

しかし、「タルトが上手く作れることが優秀なパティシエの条件」とも言われるほどに、
タルト生地を作るのは、基本的なことであるとともに難しいものなんです。

ケーキを見る時って、どうしても中身やデコレーションに目が行ってしまいますよね?

でも、それらをシッカリと支えてくれるタルト生地があるからこそ、
他の部分のおいしさが引き立つ、とも言えるのではないでしょうか?

・・・もちろん、スポンジ生地もそうなんですけどね?

まぁ、タルト生地をマスターすれば、クリームやトッピングのアレンジは多いですから、
クリスマスケーキに限らず他のケーキにしても、活用の場面は多いと思いますよ。

さて、そんなわけで、タルトのレシピです。


材料(18cmタルト型2台分です)
 薄力粉・・・125g
 無塩バター・・・75g
 粉砂糖・・・50g
 アーモンドプードル・・・25g
 卵・・・25g
 塩・・・少々
 愛情・・・あるとおいしくできるはずです
 根性・・・ある意味で必須かも知れません


作り方
 @ ボウルに薄力粉を振るいながら入れ、
   粉砂糖とアーモンドプードルを加えて混ぜます。

 A バターを角切りにしたものを@に加え、切るように混ぜ込みます。
   バターと粉は、ポロポロとパン粉みたいな状態になるまで混ぜてくださいね。

 B Aの真ん中に窪みを作り、そこへ卵を流し込みます。
   周囲の壁を崩しながらサクサクッと混ぜていきます。

 C 生地がまとまったら、ラップに包んでください。
   後は、1.5cmほどの厚さにして冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。

 D 寝かせ終わった後、生地を麺棒で伸ばして使う型に合わせて切り、
   フォークなどで満遍なく生地に穴を開けて、後は焼いて終了です。

   ※ 焼き上げは、型の大きさにもよりますが、
     180℃のオーブンで10〜15分くらいを目安にどうぞ。


さて、こんな感じでできたタルト君。
アレンジは豊富ですので、後は想像力次第ですね。

「手作りクリスマスケーキはスポンジケーキでしょ?」
とか思っている人に、タルト君を見せびらかしてあげましょう。
 
 
 
posted by カゲロウ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111086055

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。