スポンサーサイト

2008年12月13日

クリスマスケーキレシピ:手作りパイ生地編

パイのお菓子って、サクサクッとした感触とバターの豊かな香りで、
食べるととっても幸せな気分になれますよね(崩れちゃいますけど)

そんなパイ君ですけど、生地を作ってみようと思う人は、意外と少ないかも知れません。

だって、パイ生地って、バターと生地を折り込むのにちょっとコツが必要ですし、
触っているうちにバターが溶けないように素早く作業しなくてはいけませんからね。

・・・しかし、何事も挑戦です!!

まぁ、初めから上手くできてしまう人もいるにはいますが、
たいていの人は、何回か作っていくうちにコツを掴みますからね。


さて、そんなわけで、まずは基本的な「折りパイ生地」をいってみましょうか?


材料(20cmパイ型1台分)
 薄力粉・・・120g
 強力粉・・・80g
 塩・・・一撮み
 水・・・130ml
 無塩バター・・・150g
 打ち粉・・・適量
 愛情・・・あるとおいしくできるはずです
 チャレンジ精神・・・ある意味では必須かも知れません

作り方
 @ 薄力粉・強力粉・塩・水をボウルにブチ込み、
   シットリ、かつ、ひとまとまりになるまで手で捏ね繰り回します。

 A 生地がまとまったら、ラップにピッチリと包んで冷蔵庫に30分以上放置します。

 B しっかり冷やしたバターを塊のまま、広げたラップの上に置き、
   全体に打ち粉をまぶして、余裕を取ってラップで包んでください。
   それを、麺棒で叩いて5mmくらいの厚さに伸ばします(形は四角形で)。

 C ここで放置して置いた生地を取り出し、これも四角に伸ばしてください。
   そして、その中央にBのバターを対角になる様に乗せます。
   んで、生地の四隅を折ってBのバターを包み込んであげてください。
   あ、生地が重なる部分は切り取って、生地同士をくっつけてくださいね。

 D 麺棒でCを上から押すようにして生地とバターをなじませてください。
   この時、空気が入らないように注意しつつ、
   生地を破いてバターを出さないように伸ばしてくださいね。

 E Dの生地を三つ折りにし、90度向きを変えてまた麺棒で押し伸ばし、
   また三つ折りにしたら、またまた90度向きを変えて・・・
   と言う、「三つ折り→向き変え→押し伸ばし」を6回繰り返してください。

 F Eを冷蔵庫で1時間くらい寝かせたら、形を作ります。
   形を作る時、バターが柔らかくなって作業しづらくなったら、
   ラップに包んで再び冷蔵庫で冷やして、それから続行してください。

 G んで、形が出来たら、後は焼くだけです。
   あ、注意として、高温で焼くことを忘れないで下さい。
   高温のオーブンに入れると、生地のバターが溶け出すより前に、
   バターが沸騰して生地を持ち上げて、サックサクの層を作ってくれるのです。


ではでは、手作りパイが上手く作れるように頑張ってくださいね。
 
 

posted by カゲロウ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111159234

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。