スポンサーサイト

2008年12月17日

クリスマスケーキレシピ:クリスマス・プディング編

「クリスマス・プディング」ってご存知ですか?

まぁ、日本でクリスマスケーキと言えば、イチゴのショートケーキが定番ですけど、
実は、イチゴのショートケーキって、日本独自(?)のケーキなんだそうですよ。

・・・つまり、世界にはいろいろなクリスマスケーキがあるってことです。

フランスのブッシュ・ド・ノエルなどは、日本でも広く知られるようになりましたけど、
中には、なかなか日本では普及しないクリスマスケーキもありますよね?

ええ、そうです。
今回紹介するクリスマス・プディングも、知られざるクリスマスケーキなのです。


クリスマス・プディング君は、イギリスのクリスマスケーキで、
日本人の持つプリンのイメージと全然違うプリンなんです。

え〜〜と、どう違うかを簡単に説明すると、
生パン粉・卵・脂・ドライフルーツ・スパイス・ナッツ類を合わせて蒸してます。

まぁ、いわゆる一つのパンプディングのようなお菓子になりますね。

ちなみに、イギリスでは、各家庭によって独自のレシピがあるそうで、
それぞれ、全然趣違うようですので、日本にとっての御萩みたいなもんですかね?


・・・さて、そう言うわけで、日本人の口にあうように味付けをアレンジして、
クリスマス用のプリン、クリスマス・プディングを作っちゃいましょう!!


材料(18cm丸型1個分)
 卵・・・2個
 卵黄・・・1個分
 砂糖・・・70g
 牛乳・・・300ml
 生クリーム・・・100ml
 ラム酒・・・大さじ3杯
 バニラエッセンス・・・少々
 塩・・・小さじ1/4杯
 ナツメグ・・・少々
 フランスパン・・・1本
 レーズン・・・適量
 小さく切った無塩バター・・・50g


作り方
 @ ボウルに卵・卵黄・砂糖を入れ、スリスリ混ぜちゃいます。

 A @に牛乳・生クリームをちょっとずつ加え、泡立てないように静かに混ぜます。
   そしたら、ラム酒・バニラエッセンス・塩・ナツメグを順に加えて混ぜちゃいます。

 B フランスパンを7〜8mmくらいの厚さで切り分けて、
   Aのボウルに入れて、20分ほど浸してあげます。
   この時、オーブンを180℃に予熱して置くといいですよ。

 C 直径18cmの丸型にBを並べて入れます。
   で、上にレーズン・無塩バターを散らしてみます。

 D オーブンに入れて、表面がこんがりと色づくまで焼きます(35分ほどです)。


今回のレシピでは、みんなで囲んで取り分けられるようにするため、
あえて大きく焼きましたが、一人分ずつココットに焼いてもよいそうです。

・・・その場合は、容器の内側にバターを薄く塗ってからパンを入れると、
美味しく出来上がるらしいので、その時は、是非とも試してみてくださいね。
 
 

posted by カゲロウ at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111369932

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。