スポンサーサイト

2008年12月28日

お正月料理レシピ:おぞうに編

お正月料理の中で、外せないメニューが御雑煮ですよね。

おせち料理って、みんなで突く物ですから、たくさんは食べられませんよね?
その点、御雑煮ならお腹いっぱい食べられますから、とても大事ですよね?

さて、そんな御雑煮君ですが、
具や味付けなど、地域によってかなり違いますよね?

って言うか、家庭でも全然違いますし。

さて、そんなわけで、今回は、
地域によってどんな風に御雑煮が違うのか、少し紹介してみたいと思います。


関東と関西の違い

 関東では、鰹節の出汁に焼いた切餅と小松菜などを加えますが、
 関西では、白味噌をベースに、丸餅・小芋・大根・焼豆腐・干しアワビなどを入れます。

 関西で丸餅が使われる理由ですが、
 丸餅は満月につながり、欠けることのない円満なイメージを持っているため
 ・・・と言われているそうです。

 で、その丸餅ですが、焼かずにそのまま煮ます。
 焼かない辺り、関東との違いを如実に感じますね。

 それで、小芋なんですけど、
 これは、親より出世すると言う縁起を担いだもののようです。


長崎

 長崎の御雑煮は、ちょいと豪華です。

 出汁には、干しあごと昆布を使いますし、
 具には、丸餅・塩鰤・鶏肉・干しナマコ・椎茸・大根・
 人参・かまぼこ・里芋・ゴボウ・くわい・唐人菜・昆布を入れちゃいます。

 ・・・想像しただけで、食べたくなっちゃいますね。


加賀

 加賀風の御雑煮は、出汁がすごいです。

 まず、澄まし汁をベースにし、
 本節を水に5分間ほど浸してから火の上で乾かしたものを、包丁で切って用います。

 場所によっては、甘海老やセリを入れるところもあるそうです。


薩摩

 薩摩の御雑煮は、味噌ベースで、
 大きな里芋の上に、程好く煮えた切り餅が被さるように乗っています。

 あと、豆モヤシを加えるのも特徴的ですね。


・・・以上、わずかですが、各地の御雑煮を紹介してみました。

普段食べている御雑煮とは、ちょっと違う具材を使うのも面白いと思いますので、
紹介したものを参考にして新たなる御雑煮にチャレンジしてもらえたら、嬉しいですね。

まぁ、もちろん、日本の御雑煮はこんなもんではありませんけど。
・・・それこそ、家庭の数だけ御雑煮があるわけですからね。
 
 
posted by カゲロウ at 21:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうして、おぞうにってお正月にたべるんですか?
Posted by ヘアゴム♪ at 2011年01月09日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111843349

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。