スポンサーサイト

2008年12月29日

お正月料理レシピ:おせち料理・段数編

さてさて、お正月料理の定番、おせち料理・・・
たいていの方は、漆器のお重に詰められたものを想像するのではないでしょうか?

では、そのおせち料理、みなさんはどのように盛り付けますか?


最近では「お重に詰めずに、お皿に盛り付けて出す」と言う方も多いようですが、
もともと正式なおせち料理は「五段重」であったと言われています。

これは、「四段重」に「控えの重」が付いて、「五段重」になったもので、
「控えの重」には上に乗る四段の「補充用の料理」や、「御雑煮のお椀」などを入れます。

しかし、現在では、既製のおせちでも、「五段重」はあまり見られなくなりました。

たいていの既製品は、「三段重」ではないでしょうか?
まぁ、段数を増やすと料理の量が増えますから、これはこれでいいとは思います。

・・・「四段重」だと、数字的に縁起は悪いですけど。

で、詰め方ですけど、「一の重」には「祝い肴」と栗きんとんなどの「口取り」、
「二の重」には焼き物と酢の物、「三の重」には煮物を詰めるようですね。

あ、「祝い肴」とは、黒豆・田作り・数の子などのことですよ。


さて、少し話は変わりますが、
前にも触れましたが、おせち料理には明確な決まりはありません。

まぁ、よく目にする料理は、「お正月には炊事をしなくても済むように」と、
保存性の高いもの(味が濃いものや乾いているもの)が多いですね。

しかし、だからと言って、保存性にこだわる必要はありません。

ですから、おせち料理に御家族の好きなメニューを入れてみたり、
洋風にアレンジしてみたり、時には中華風にしてみたりしてもいいと思います。


また、それは「器」にも言えます。

漆器に盛り付けられた「おせち料理」は、日本の伝統をビシビシ感じますが、
祝う気持ちさえあれば、漆器に限らず、どんな食器でもよいと思いますよ。

だって、「漆器のお重がないから」って、
おせち料理をあきらめるのはイヤじゃないですか?

器など気にせず、おせち料理に挑戦してみてくださいね。
 
 
posted by カゲロウ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111889280

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。