スポンサーサイト

2008年12月31日

お正月料理レシピ:おせち料理・数の子編

今回は「数の子」の漬け方を紹介します。

そもそも、数の子と言うものは、「にしん」の卵で、
一腹の卵の数がとても多いため、子孫繁栄を現す縁起物です。

祝い肴と言われる三種肴のうちの一つで、
機能紹介した、黒豆・田作りと並べて扱われます。


さて、そんな数の子ですが、
お正月用に用意する場合は、すぐに食べられるものを買うと思います。

で、市販されている数の子は、たいてい塩漬けの状態ですので、
ここで紹介するのは、塩数の子を家庭で味付けをするレシピです。


材料
 塩数の子・・・100g
 塩抜き用の塩・・・少々
 出し汁・・・140ml
 醤油・・・50ml
 みりん・・・大さじ2杯
 糸鰹・・・少々


作り方
 @ 塩数の子を薄い塩水に浸けてください。
   一晩〜二日間掛けて、水を替えつつ塩抜きしてください。
   注意点として、完全に塩気が抜いてしまうと旨味もなくなるので、
   時々、味を見ながら塩抜きをするといいと思いますよ。

 A @で塩抜きした数の子の「表面の薄皮」を剥いでください。
   竹串を使って、静かに、そして、丁寧に剥いてくださいね。

 B Aの数の子を一口大に千切ります。手でOKです。
   ここで、包丁を使って切り分けるのはアウトです。
   見た目はキレイですが、鉄臭くなる可能性がありますので。

 C Bの数の子から、余分な水分を除きます。
   ペーパータオルなどで優しく包むといいでしょう。

 D 出し汁・醤油・みりんを小鍋で一煮立ちさせて、そして冷ましておいてください。
   で、冷ましたら、Cの数の子に掛けてください。
   そうしたら、味を馴染ませるために、1日置いてくださいね。

 E で、後は盛り付けて出来上がりですが、
   盛り付ける時に、糸鰹を乗せるといい感じになりますよ。


あ、塩数の子ですけど、身が厚くて色が冴えていて、
卵の粒々がハッキリとしたものを選んでください。


それと、レシピにこだわらずに、
ご家族の好みに合わせて、調味料などで調節するといいですよ。
 
 
posted by カゲロウ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111965613

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。