スポンサーサイト

2008年12月15日

クリスマスケーキレシピ:カスタードクリーム編

シュークリームやタルトのケーキを手作りする時に、
生地と同じくらい大切なものが「カスタードクリーム」君です。

と言うわけで、カスタードクリーム君のレシピを紹介したいと思うんですけど・・・

カスタードクリームって、レシピによっていろいろ作り方は違いますよね。
それこそ、分量から作り方まで、千差万別です。

まぁ、と言うわけで、ここでは、お手軽にレンジで作れる物を紹介しますね。

生地を手作りしたのですから、
ぜひともクリームも手作りしてみてくださいね。


材料
 薄力粉・・・30g
 砂糖・・・70g
 牛乳・・・大さじ2杯+200ml
 卵黄・・・2個分
 バター・・・10g
 バニラオイル・・・少々


器具
 耐熱ボウル
 泡立器
 レンジ(500W)


作り方
 @ 耐熱ボウルに薄力粉・砂糖・牛乳(大さじ2杯)を入れて泡立器で掻き混ぜます。
   そこへ人肌くらいに温めた牛乳(200ml)を加えて、さらによく掻き混ぜます。

 A @のボウルをレンジで1分半加熱した後、よく掻き混ぜます。
   そして、再びレンジで1分加熱し、またまたよく掻き混ぜます。

 B Aに卵黄を加えてよく掻き混ぜ、またレンジで1分半加熱します。
   加熱後、バターとバニラオイルを加え、さらによく掻き混ぜます。

 C 平らにならし、ラップをピタッと貼り付けて冷まします。


注意点として、カスタードクリームは長持ちしないので、
クリームを使う当日に作ってくださいね。

もし保存したい場合は、
冷凍保存をし、生で使わず、加熱して使ってください。
(クリームパンの中身にするといいかと思います)


ではでは、おいしいカスタードクリームを作ってくださいね。
 
 
posted by カゲロウ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

クリスマスケーキレシピ:手作りパイ生地編

パイのお菓子って、サクサクッとした感触とバターの豊かな香りで、
食べるととっても幸せな気分になれますよね(崩れちゃいますけど)

そんなパイ君ですけど、生地を作ってみようと思う人は、意外と少ないかも知れません。

だって、パイ生地って、バターと生地を折り込むのにちょっとコツが必要ですし、
触っているうちにバターが溶けないように素早く作業しなくてはいけませんからね。

・・・しかし、何事も挑戦です!!

まぁ、初めから上手くできてしまう人もいるにはいますが、
たいていの人は、何回か作っていくうちにコツを掴みますからね。


さて、そんなわけで、まずは基本的な「折りパイ生地」をいってみましょうか?


材料(20cmパイ型1台分)
 薄力粉・・・120g
 強力粉・・・80g
 塩・・・一撮み
 水・・・130ml
 無塩バター・・・150g
 打ち粉・・・適量
 愛情・・・あるとおいしくできるはずです
 チャレンジ精神・・・ある意味では必須かも知れません

作り方
 @ 薄力粉・強力粉・塩・水をボウルにブチ込み、
   シットリ、かつ、ひとまとまりになるまで手で捏ね繰り回します。

 A 生地がまとまったら、ラップにピッチリと包んで冷蔵庫に30分以上放置します。

 B しっかり冷やしたバターを塊のまま、広げたラップの上に置き、
   全体に打ち粉をまぶして、余裕を取ってラップで包んでください。
   それを、麺棒で叩いて5mmくらいの厚さに伸ばします(形は四角形で)。

 C ここで放置して置いた生地を取り出し、これも四角に伸ばしてください。
   そして、その中央にBのバターを対角になる様に乗せます。
   んで、生地の四隅を折ってBのバターを包み込んであげてください。
   あ、生地が重なる部分は切り取って、生地同士をくっつけてくださいね。

 D 麺棒でCを上から押すようにして生地とバターをなじませてください。
   この時、空気が入らないように注意しつつ、
   生地を破いてバターを出さないように伸ばしてくださいね。

 E Dの生地を三つ折りにし、90度向きを変えてまた麺棒で押し伸ばし、
   また三つ折りにしたら、またまた90度向きを変えて・・・
   と言う、「三つ折り→向き変え→押し伸ばし」を6回繰り返してください。

 F Eを冷蔵庫で1時間くらい寝かせたら、形を作ります。
   形を作る時、バターが柔らかくなって作業しづらくなったら、
   ラップに包んで再び冷蔵庫で冷やして、それから続行してください。

 G んで、形が出来たら、後は焼くだけです。
   あ、注意として、高温で焼くことを忘れないで下さい。
   高温のオーブンに入れると、生地のバターが溶け出すより前に、
   バターが沸騰して生地を持ち上げて、サックサクの層を作ってくれるのです。


ではでは、手作りパイが上手く作れるように頑張ってくださいね。
 
 

posted by カゲロウ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

クリスマスケーキレシピ:手作りシュー生地編

シュークリームは、お菓子作りが趣味と言う人でも、
挑戦したことがないと言う人が意外と多いらしいですね。

あの、ふんわりとふくらんだシュー生地が上級者向けに分類されているのでしょうか?
失敗を経験してそれ以来作っていないって言う人も結構多いようです。

ですが、シュー生地をマスターすると利点は多いですよ。

基本的なシュークリームはもちろんのこと、
大きくリングに絞って豪華なシューケーキを作ったり、
小さなシューをたくさん積み重ねてチョコソースをかけたり、
・・・アレンジがいろいろできますから。

もちろん、そんなシュー生地君は、クリスマスケーキとしてもピッタリですよ。


材料
 水・・・100ml
 バター・・・60g
 砂糖・・・小さじ1/2
 塩・・・小さじ1/4
 薄力粉・・・70g
 卵・・・2〜3個
 愛情・・・あるとおいしくできるはずです
 チャレンジ精神・・・ある意味では必須かも知れません


作り方
 @ お鍋に水・バター・砂糖・塩を入れて、中火にグツグツします。
   バターが溶けて水が沸騰したら、薄力粉を一気に加え、木べらで素早く混ぜます。

 A 粉っぽさが無くなったら火から下ろし、木べらでよく混ぜます。
   それから、解いた卵を少しずつ加え、よくネリネリ混ぜまくります。

 B 生地が粘るようになり、ツヤが出てくるまで卵を加えながらネリネリします。
   この時、生地を柔らかくし過ぎないように気を付けてください。
   生地の柔らかさの目安は、木べらで生地を持ち上げた時に、
   「薄いリボン状になって、ゆっくりと生地が落ちる」程度です。

 C 生地がちょうどよい固さになったら、すぐに絞り出し袋に入れます。
   生地が乾かないようにするためですので、急いでくださいね。

 D 後は、自分の作りたい形状に絞り出し、
   200℃に予熱したオーブンで焼き上げればOKです。


使った生地の余りは、そのままの状態では保存が効きませんけど、
焼いて置けば、ポリ袋で密閉して冷凍保存ができますので、残ったら焼いちゃいましょう。
 
 
posted by カゲロウ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスケーキレシピ:手作りロールケーキ生地編

「ブッシュ・ド・ノエル」と言えば、
クリスマスケーキで最も有名なケーキの一つですよね?

たいていの方はおわかりだと思いますが、
ブッシュ・ド・ノエルは、ロールケーキを「切り株」に見立てたケーキです。

つまり、ロールケーキをマスターした先にブッシュ・ド・ノエルが待っているのです!!
(すみません、料理漫画風に盛り上げようと思ったんですけど、失敗しました)

まぁ、別に手作りにこだわらないって方は、
市販のロールケーキにデコレーションをすればいいんですけど、
でも、どうせ作るなら生地から手作りしてみたいじゃないですか?

そんなこんなで、今回はロールケーキ生地の作り方を紹介しちゃいます。


材料(27cm×27cmの天板1枚分)
 卵・・・3個
 砂糖・・・60g
 薄力粉・・・50g
 愛情・・・あるとおいしくできるはずです
 根性・・・ある意味で必須かも知れません


作り方
 @ まずは、天板にクッキングシートを敷いて置きます。
   で、今のうちに、オーブンを180℃に余熱して置きます。

 A ボウルに卵を割って入れ、湯煎しながら泡立器で泡立てます。
   で、砂糖を2回に分けて加えて、混ぜ込みます。

 B Aが人肌に温まれば湯煎をやめ、さらに泡立てます。
   泡立て完了の目安としては、生地を救い上げた時に
   「生地がゆっくりとリボン状に落ちるぐらいで、
    その落ちた生地が、そのまま跡になって残る程度」の固さです。

 C 得物を泡立器からゴムべらに持ち替えて、Bに薄力粉を振ってください。
   で、底から持ち上げるように、かつ、粉っぽさが残らないように掻き混ぜます。

 D @の天板の中央にCを一気に流し入れてください。
   中央から周囲に向けてカードで平らに広げるといい感じです。

 E 天板の底を軽く叩いて、大きな泡を消しちゃいます。

 F 180℃に熱しておいたオーブンにEをブチ込み、12分間焼きます。
   焼き上がった後は、紙ごと網に乗せて冷まし、
   粗熱が取れたら、ラップを掛けて乾燥を防ぎます。


はい、これでロールケーキ生地君の出来上がりです。
おつかれさまでした。
 
 
posted by カゲロウ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

クリスマスケーキレシピ:手作りタルト生地編

今回も前回に引き続き、クリスマスケーキのレシビです。
まぁ、今のところは、まだ生地についてだけなんですけどね。

で、今回はタルト生地についてです。

タルトは、最近では注目されるようになって、
スポンジのケーキと人気を競い合っているようですね。

しかし、「タルトが上手く作れることが優秀なパティシエの条件」とも言われるほどに、
タルト生地を作るのは、基本的なことであるとともに難しいものなんです。

ケーキを見る時って、どうしても中身やデコレーションに目が行ってしまいますよね?

でも、それらをシッカリと支えてくれるタルト生地があるからこそ、
他の部分のおいしさが引き立つ、とも言えるのではないでしょうか?

・・・もちろん、スポンジ生地もそうなんですけどね?

まぁ、タルト生地をマスターすれば、クリームやトッピングのアレンジは多いですから、
クリスマスケーキに限らず他のケーキにしても、活用の場面は多いと思いますよ。

さて、そんなわけで、タルトのレシピです。


材料(18cmタルト型2台分です)
 薄力粉・・・125g
 無塩バター・・・75g
 粉砂糖・・・50g
 アーモンドプードル・・・25g
 卵・・・25g
 塩・・・少々
 愛情・・・あるとおいしくできるはずです
 根性・・・ある意味で必須かも知れません


作り方
 @ ボウルに薄力粉を振るいながら入れ、
   粉砂糖とアーモンドプードルを加えて混ぜます。

 A バターを角切りにしたものを@に加え、切るように混ぜ込みます。
   バターと粉は、ポロポロとパン粉みたいな状態になるまで混ぜてくださいね。

 B Aの真ん中に窪みを作り、そこへ卵を流し込みます。
   周囲の壁を崩しながらサクサクッと混ぜていきます。

 C 生地がまとまったら、ラップに包んでください。
   後は、1.5cmほどの厚さにして冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。

 D 寝かせ終わった後、生地を麺棒で伸ばして使う型に合わせて切り、
   フォークなどで満遍なく生地に穴を開けて、後は焼いて終了です。

   ※ 焼き上げは、型の大きさにもよりますが、
     180℃のオーブンで10〜15分くらいを目安にどうぞ。


さて、こんな感じでできたタルト君。
アレンジは豊富ですので、後は想像力次第ですね。

「手作りクリスマスケーキはスポンジケーキでしょ?」
とか思っている人に、タルト君を見せびらかしてあげましょう。
 
 
 
posted by カゲロウ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

クリスマスケーキレシピ:手作りスポンジ編

気が付くと、もう12月も3分の1が過ぎましたね。
後2週間程度もしないうちにクリスマスですね・・・

皆さんは、今度のクリスマスをどのように過ごすおつもりですか?

家で家族と過ごす方も、友達や恋人と一緒に過ごす方も、
クリスマスの場面に決して外せないものが「クリスマスケーキ」ではないでしょうか?

ちょっと、クリスマスケーキについて教えていただいたので、
この場でみなさんにその一部を紹介していきたいと思います。


え〜〜と、クリスマスケーキにもいろいろな種類があると思いますが、
ここでは、まず、ケーキの基本である「スポンジ生地」の作り方を紹介してみます。


材料(18cm丸型1台分です)
 卵・・・3個
 砂糖・・・90g
 薄力粉・・・90g
 無塩バター・・・10g
 牛乳・・・20ml
 愛情・・・あるとおいしくできるはずです
 根性・・・ある意味で必須かも知れません


作り方
 @ 型に紙を敷いて置きます。
   で、砂糖と薄力粉はあらかじめ振っておきます。

 A 卵を割ってボウルに入れ、砂糖の1/3の量を入れて泡立器でよく掻き混ぜます。

 B Aのボウルを湯煎しつつ混ぜ、
   人肌からお風呂の温度くらいまで温まったら、湯煎をやめます。

 C 残りの砂糖を2回に分けてBのボウルに加え、
   ハンドミキサーがあれば、それで泡立てます。
   泡立て方は、空気を含ませるように掻き混ぜ、
   掬った生地を垂らすと跡が残るくらいに泡立ててください。
    注意 泡立てている時に生地が冷たくなると泡立ちが悪くなりますので、
       冷たくなる前に、再度湯煎して人肌くらいの温度をキープしてください。
   あ、この段階くらいで、オーブンを180℃に温め始めておくとよいそうです。

 D しっかりと生地を泡立てたら、今度はゴムベラを使います。
   薄力粉を2・3回に分けて入れていき、
   泡を消さない様にしつつ、底から掬う様にして薄力粉を馴染ませます。

 E 人肌に温めた牛乳と溶かしたバターとを、
   ゴムベラに伝わらせながら、生地に混ぜ込みます。

 F 型にEで出来た生地を流し込み、
   それを15cmくらいの高さから落として生地の中の大きな気泡を抜きます。

 G 180℃に熱しておいたオーブンで、25〜30分焼きます。

 H 焼き上がったらすぐに型から外し、
   粗熱が取れたら、ラップを掛けて乾燥を防ぎます。


さて、これでレシピは終了です。

このスポンジ生地は、ふんわりとしていて、しかもしっとりしているので、
クリームのデコレーションが無くても充分においしくいただけるそうですよ。

今は市販のスポンジ台も売られていますし、
スポンジを手作りするのって「泡立てるのが大変そう」とか「ふくらむかの心配だ」と
つい敬遠してしまいがちですけど、偶には思い切って作ってみるのもいいですよ。

やはり、手作りのスポンジケーキは市販と違って甘過ぎませんからね。

それに、スポンジ生地をマスターしておけば、
クリスマスケーキに限らず、いろいろなケーキが作れるようになるでしょうし。
 
 
 
posted by カゲロウ at 19:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ファイテン(phiten)がいい!!

ファイテンって知っていますか?

スポーツをやっている方やスポーツが好きな方ならすぐにわかると思いますけど、
ファイテンって言うのは、簡単に言うと「スポーツ用品メーカー」ですね。

アスリートが身に着けているアクアチタン製品で有名らしいですけど、
キューちゃん(高橋尚子さん)と言った方がわかりやすいでしょうか?


・・・で、何故にスポーツ衣料品の話をしているのかと言うと、
答えは簡単で、使ってみたら非常によいものだったからです。

いい仕事してますよ、ファイテンさん。

まぁ、実を言うと、まったくファイテンには興味が無かったんですけどね、
知人にススメられたので、物は試しにってことで、使ってみたんですよ。

いや、だって、ファイテンの製品って、
スポーツ選手とかスポーツする人専用って感じがするじゃないですか?

そう言うのって、一般人には縁がないと言うか、
一般人が付けてもしょうがないんじゃないかって思うじゃないですか?

でも、実際にお店に言って店員さんと話してみると、
「いえ、意外とスポーツに関係ない人も多いんですよ」
と、爽やかに応対してくれましたからね。

その言葉と、知人の言葉を信じ、
腰用のサポーターを買って、使ってみたわけですよ。

・・・あ、実はボク、ちょっとした事情で腰が悪いんですよ。
腰痛持ちと言うか、腰が貧弱と言うか、何と言うか・・・

で、その悪い腰にサポーターを巻いて、
しばらくの間、日常生活を送ってみたわけです。

まぁ、こうして勧めているわけですから、結果はおわかりでしょう。
・・・おかげで、シップを常備しなくても済む様になりましたよ。

何でも、チタンの磁気によって体の負担がどうたらこうたららしいので、
詳しい説明はファイテンのホームページを見るか、お店で直に聞いてください。


あ、腰用だけでなく、腕とか膝とか肩とか用のサポーターもあるようなので、
もし、肩凝りとかひどいようでしたら、一回試してみるといいかも知れませんよ?
 
 
posted by カゲロウ at 20:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気のランドセルはブルー系

ランドセルについてなんですけど、青系色の人気が年々上昇しているそうですね。

特に女の子向けの「水色」がヒットしているそうで、
男の子向けの「濃い青色」とともに、ブルー系が定番色になってきた感があるそうです。

ところで、新しい定番ができると言うことは、過去の定番が廃れたということですよね?
・・・つまり、伝統的な定番の「赤」と「黒」は売上が減少しているそうです。

何でも、「天使のはね」ブランドで有名なセイバンでは、
「女の子向けの定番だった濃い赤は売れないので、一部のタイプは製造をやめた」
と言うことらしいですし・・・

大手メーカーの協和も、今年はブルー系に力を注ぐようで、
ブルー系の製造割合をピンクと同じ30%程度まで増やすそうで、
また、女の子向けの水色「ソラ」を新たに加え、
男の子向けの「ネイビーブルー」も生産を拡大するみたいです。
(何と、赤は10%で黒は20%にとどまる予定なんですって)

・・・このままだと、何時の日にか「赤と黒」はなくなってしまうかもしれませんね?

あ、どうでもいいですけど、「赤と黒」って、何だか文学的な響きですよね?
(本当にどうでもいいことでゴメンナサイ)


まぁ、ランドセルの色の多様化は、
「子供の個性を尊重する現代の風潮」を反映しているとも言えますから、
「赤と黒」と言う『ステレオタイプ』は廃れてしまうのは仕方が無いのかも知れません。

でも、ボクの思い出としては、「赤と黒」ですからね・・・
・・・何だか、時代が変わってしまうようで寂しいです。

だから、個人的には、あえて「赤と黒」を選んでもらいたいですね。
(「赤と黒」が減っているなら、逆に目立ちそうですし)


って言うか、このままでは、
将来的にはランドセルそのものがなくなるかも知れないですね?

だって、ランドセルって、言うならば画一化じゃないですか?
子供の個性を主張するなら、ランドセルも廃止になっちゃうかも知れません。

・・・「赤と黒」はこの際こだわらないとしても、
ランドセルそのものは続いて欲しいですよね?

だって、子供の頃の思い出がなくなるなんて、寂しいじゃないですか?
 
 
posted by カゲロウ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

給食費の滞納問題に「連帯保証人」制度!?

全国的に問題となっている給食費の滞納問題の解決策として、
熊本県の益城町は、「連帯保証人」を設ける徴収方式を導入するらしいですね。

・・・まさか、ここまでひどい滞納状況だとは思いませんでしたよ。

いえ、「連帯保証人なんてひどい話だ!!」とお思いになるでしょう。
確かに、ボクもその気持ちは同じなんですけど、
そう言う処置を取らなければならない「滞納状態」の方が問題だと思うのです。

だって、給食費を払うなんて、当たり前のことじゃないですか?

それなのに、給食費を払わないのは、単純にお金がないからですか?
それとも、「義務教育なんだから行政が払え!!」と言う主張なんですか?

でも、どっちにしろ、無銭飲食ですよね?
だって、払うべきお金を払わずに食べているんですから。

それに、給食費を払わないなら、最初から給食を断ればいいじゃないですか?
そうすれば、その子の分を作らないわけですから、給食費を払う義務もなくなります。

でも、給食費を払わずに給食を食べさせてるんですよね?
(中にはお弁当を持参させる方もいらっしゃるとは思いますけど)

まぁ、確かにみんなが食べているのに、
その子が食べられてないのは非人道的かも知れません。

ですが、無銭飲食を強いられているままの状態の方が非人道的です。
いえ、無銭飲食しているって言う罪の意識が育てられない方が非人道的です。

・・・そもそも、子供に無銭飲食を強いるような親の子供でいる方が非人道的ですし。

何故なら、義務教育とは親権者が教育を受けさせる義務ですから、
親権者が子供の授業に伴う出費を払うのは当然過ぎることだからです。

と言うか、その当然のことをしないような親権者を野放しにしておくのは、
社会をより悪化させるだけではないでしょうか?

規制は強化されても仕方が無いです。
いえ、むしろ、未来の日本のためには規制は強化されるべきです。

何故なら、未来は子供達が作るものなのですから、
子供達にキッチリと「罪と罰」を教えなければいけないからです。

無銭飲食をして何も感じないような人間にならせてはいけませんよね?
 
 
posted by カゲロウ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

熱を溜めるカーテン

蓄熱保温カーテンについてです。

この前、「防寒用のカーテン」について書きましたが、
「蓄熱保温カーテン」を思い出したので、紹介してみます。


蓄熱保温カーテンと言うのは、
その名の通り、熱を蓄えて保温するカーテンです。

その蓄熱のメカニズムは、
太陽光を熱に変換して蓄熱する「ハイテク繊維」のおかげのようで、
これを使用しているだけで、部屋に暖められるようです。

さらに、室内の暖房器具などから出る熱も部屋に留めてくれるので、
暖房効果も上がり、経済的にも環境的にも優しくなります。

実は、一昨年から冬場はこのカーテンを使っていたのですが、
今年は部屋の模様替えをした時に「どっかにしまってしまった」ため、
その存在をウッカリ忘れていました(今日発掘して思い出しました)。

いやぁ、道理で今年は「暖かいはずなのに寒いなぁ」だったわけです。

あ、ちなみに、ボクはレースタイプのものを使っていまして、
普段からレースカーテンと普通のカーテンの二重構造ですので、
今年は普通のカーテンを防寒仕様にするだけで満足してしまい、
蓄熱保温カーテンの存在を思い出すのに時間がかかったわけです。


太陽が当るだけで部屋の温度がかなり上がりますので、
「寒いのイヤだけど、暖房代がバカにならないしなぁ」なんて方に、
とってもオススメです(暖房の使用量が段違いです)。

あ、もちろん、前に紹介した「裏地用カーテンの利用」もあわせてすると、
さらに防寒効果は高まると思いますので、是非ともあわせて試してみてください。

ちなみに、ボクが買ったレースタイプの蓄熱保温カーテンは、
確か、5000円くらいで買えたと思います。

デザインやサイズによって値段は違うでしょうが、
それほど高い買い物ではないので、省エネって意味でも使ってみてください。
 
 
posted by カゲロウ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

プレゼントにデジタルフォトフレームを!!

昨日、デジタルフォトフレームの話をしたばかりですが、
ちょっと書きたいことができたので、書かせていただきます。

昨日はさんざんインテリアとしてのデジタルフォトフレームを押していましたが、
今日はちょっとベクトルを変えて紹介してみたいと思います。


確かに、デジタルフォトフレームはインテリアにとてもいいですし、
それは覆す気はありません(と言うか覆す気などありません)。

今日は、インテリア意外の魅力を紹介したいんです。

・・・と言うわけで、
デジタルフォトフレームの機能をもう一度思い出してみましょう。

・・・そうです。
デジタルフォトフレームはメモリーカードを差し込むだけで、
デジカメの写真が見られるって言う「お手軽な機能」が売りなんですよね?

その「お手軽な機能」って、見方を変えれば、
パソコンを使えない人でもデジカメ写真を見られるってことですよね?

・・・そこに魅力を感じませんか?


例えば、デジカメで撮った写真って誰かにあげる場合、
パソコンがある人なら、データをあげればそれでいいですけど、
パソコンがない人は、わざわざ現像してあげなきゃなりませんよね?

それが、デジタルフォトフレームを使えば、
パソコンがない人も、メモリーカードにデータを入れるだけでいいんですよ?

現像の手間が掛からない分、あげる方も貰う方も気軽ですよね?

それに、現像って、1枚20円前後ですよね?
ってことは、100枚現像したら、2GBのメモリーカードが買えちゃいますよ。

それに、これならパソコンの苦手な方、
特におじいちゃんおばあちゃんにも安心して渡せますよね?


そう、つまりは、デジタルフォトフレームって、
パソコンを持っていない、もしくは、パソコンが使えないって人にピッタリなのですよ!!


と言うわけで・・・

もし、プレゼントに迷っていたら(クリスマスに限らず)、
デジタルフォトフレームをプレゼントしてみるといいと思いますよ。

もちろん、データ入りのメモリーカードも添えるとなお喜ばれるでしょうね。



・・・そんなわけで、デジタルフォトフレームの別の魅力を
みなさんはデジタルフォトフレームのいいところって、どこだと思います?
何よりも、パソコンを使えない人でも手軽に扱えることだと思いませんか?
 
 
posted by カゲロウ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

クリスマスはデジタルフォトフレームで

デジタルフォトフレームって、ご存知ですよね?

デジカメ写真再生専用の液晶画面のアレです。

これまではデジカメ売り場の片隅でポツンと置かれていましたが、
今年、ソニーの投入した「s-frame」によって一気にヒットしたアレです。

まだボク自身は持っていないんですけど、
売り場のディスプレイを見たら「欲しいなぁ」と思いますし、
持っている友人の話によると、評価は結構高いですからね。

・・・余談ですが、インテリアに飾ってあったのを見て、
「パソコンがあるからいいもん」とか、強がってみたのを覚えています。

まぁ、ボクの強がりに関してはどうでもいいんですけど・・・

デジタルフォトフレームの強みって、
パソコンが無くてもデジカメの写真をディスプレイできることですよね?

メモリーカードを差し込むだけってお手軽感は実にいいですね。
パソコンをいちいち起動しなくて済んで手っ取り早いですし。


・・・さて、そろそろボクが何を言いたいかおわかりでしょう?

「クリスマスは家で過ごす派」のあなたに、
デジタルフォトフレームをインテリアとして用意しておくのをオススメしたいんですよ。


恋人と過ごす人も、家族と過ごす人も、
クリスマスを過ごす際には「思い出の写真」が傍らにあると盛り上がりますよね?

実際に現像した写真もそれはそれでいいんですけど、
ディスプレイに流れる「思い出」ってのもカッコよくないですか?

ちなみに、パソコンでスライドショーをするのと、
デジタルフォトフレームでスライドショーをするのとでは、雲泥の違いです。

どう頑張っても、パソコンは「作業用の機械」なのです。
パソコンの無骨な感じは、どうしても雰囲気を壊してしまいます。

ところが、デジタルフォトフレームは「インテリア」なのです。
(厳密に言うと違うかもしれませんが、分類的にはそっちでしょう)

その違いは比べるまでもありません。

「パソコンがあるからいいもん」と言う強がりを言ったボクが言うのもアレですが、
パソコンでは出せない雰囲気がデジタルフォトフレームでは出せます。


「クリスマスは家で過ごす派」って方は、
是非ともデジタルフォトフレームの購入をオススメします。
 
 
posted by カゲロウ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防寒用のカーテンについて

今日は「ちょっと変わった防寒用のカーテン」について書いてみようと思います。

以前、「寒冷対策」の一つとして、
「カーテンを厚手のものにする」って書いたと思うんですけど・・・
単に「厚手のカーテンにする」だけなら、誰でもやっていると思うんです。

そこで、ボクは「ちょっと変わったカーテンの寒冷対策」を紹介しようと思います。
(わざわざブログに書くくらいには、ちょっと工夫しているつもりです)


で、その対策なんですが、「裏地用のカーテンを利用する」と言う手です。


「裏地用のカーテンって何?」って方もいらっしゃるでしょうから、
簡単に説明しますと、他のカーテンの裏地にするためのものです。

・・・はい、これだけじゃ説明になってませんよね。

え〜〜と、カーテンの裏地に張ることによって、
そのカーテンを遮光用にしたり、防寒用にしたりするもの・・・って感じです。

ホームセンターなんかのカーテンコーナーに行けば、
袋詰めになっている「裏地用カーテン」ってのが売ってると思うんですけど・・・


・・・まぁ、ご理解いただけたものとして話を進めます。


先程、軽く触れましたように、裏地用のカーテンを利用するって言うのは、
「今使っているカーテンの裏に裏地用カーテンを張りつけて防寒仕様にする」
と言う、非常にシンプルかつリーズナブルな方法です。

でも、意外と盲点らしいですよ?

友人がボクの部屋のカーテン見て、
「姑息な!! 冬用のカーテンを用意しろ!!」
とツッコんでいましたから。

まぁ、確かに地が厚いカーテンって高いですよね。
その点、この方法を使えば、わざわざ厚手のカーテンを買わずに済みますから。
(基本、裏地用カーテンよりも厚手のカーテンの方が高いですから、節約になります)

暖かくなったら、裏地用カーテンを剥がせばいいだけですから、
けっこうラクにかつ素早く寒暖の調節ができますしね。
(いちいちレールに通すのって面倒じゃないですか?)

あ、張り付け方としては、安全ピンで数箇所留めるのがラクでいいですけど、
カーテンを傷付けたくないって方は、クリップを使えばいいんじゃないでしょうか?


と言うわけで、「ちょっと変わった防寒用のカーテンについて」でした。
 
 
posted by カゲロウ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

新型インフルエンザの対策

新型インフルエンザについてです。

この前、インフルエンザの予防接種を受けたって話しましたよね?
前回は風邪の話で終わっちゃったんで、今回はインフルエンザをメインにしますね。


え〜〜と、話によりますと、
政府が「新型インフルエンザに対する対策」の計画を全面的に改定したそうですね。

何か「ウイルスの国内侵入を防ぐのはほぼ不可能」と言う前提だそうで、
「感染拡大を抑制して健康被害を最小限に留めること」を明確化したそうです。

ただ、被害想定は変更されていないらしいです。

噂ですが、致死率が中程度(0.53%)で人口の25%が感染した場合、
最大64万人が死亡し、1日の入院患者は発生5週目に10万を超えるそうです。

・・・その計算だと労働人口の4割がダウンすることになるらしいので、
マジで未曾有の危機です。下手なテロよりも危険極まりない状況です。

だから、生物兵器は使ってはならないと言う協定が結ばれているんですね?
と、関係ないことを物凄く理解してしまいました。


さて、対策の話に戻りますが、
鳥インフルエンザウイルスから作ったワクチンがあるそうで、
それを、効果次第では未発生期から接種する予定らしいです。
(それは、プレパンデミック(大流行前)ワクチンと言うそうです)

他にも、タミフルなどの治療薬の備蓄量を
人口の45%分にまで引き上げる方針も示したそうです。

何か、鳥インフルやサーズなどはメじゃない程の危機感を感じますね。


ところで、今回受けたインフルエンザの予防接種って、
新種のインフルエンザには効くんでしょうか?

よくよく考えてみるとまったく確かめていませんでした。
勝手に「同じインフルエンザだもん、効くっしょ」って判断しただけです。


調べるのが恐いので放置しますが、
インフルエンザが社会に深刻なダメージを与えないことを心から祈ります。
 
 
posted by カゲロウ at 22:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ハイドロコロイド素材の絆創膏」って効きますよ!!

ハイドロコロイド素材の絆創膏絆についてお話させてください。

と、その前に、「ハイドロコロイド素材の絆創膏って何?」ってお思いでしょう?
・・・簡単に説明しますと「従来の絆創膏の進化版」って感じです。

では、普通の絆創膏と何が違うのか、説明していきましょう。

普通の絆創膏って、患部を覆うガーゼの周りに粘着テープがあるじゃないですか?
でも、「ハイドロコロイド素材の絆創膏(以下ハイドロ君とします)」は、
全面が幹部を覆う箇所でありながら、粘着層でもあるのです。

ガーゼとか粘着テープとかって区別がなく、
ハイドロ君の片側全部が、粘着性の治療部分なのです。

もちろん、違いはそれだけではありません。

そもそも、ハイドロコロイド素材と言うのは、傷口をピッタリ覆ってくれる上、
傷口から出てくる体液の「傷を治す成分」をゲル状にして保持してくれるそうです。

つまり、皮膚が本来持っていた治癒力を高めてくれるんです。
(傷が治るための最適な環境を作ってくれるから、だそうです)

何でも、今までは医療機関で床ズレやヤケドの治療に使われてきたそうですよ。

あ、ちなみに、何故いきなりハイドロ君の話をしたのかと言うと、
その答えは単純で、「使ってみてよかったから」です。

と言うのも、ボクが痛い話をしたの覚えていますか?
(足の爪が剥れたとか言っていたあの話です)

爪が剥れた箇所が痛かったのにで、試しにハイドロ君を貼ったら、
予想以上に効果的で、もうほとんど痛みを感じなくなったんですよ。

・・・何か、業者の回し者っぽいですけど、
実際、みなさんも使ってみれば実感できると思いますよ。

ちなみに、ボクが使ったハイドロ君は、
デルガードの「クイックパッド」でした。

ついでに、ジョンソン・エンド・ジョンソンからも
バンドエイドの「キズパワーパッド」が出ていますよ。

機会があったら是非使ってみてください。
(そんな機会が無いに越したことはありませんけどね)
 
 
posted by カゲロウ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

やっぱりテロじゃなかったですね

元次官連続殺傷事件の犯人と思わしき人物が捕まりましたね。
ちょっと、ツッコミたいことがあるんでツッコんでもいいですか?

ボクの記憶が正しければ、アレって「テロ」って言われてましたよね?
しかも、警察は「テロであること」を念頭に入れて捜査してましたよね?
さらに、犯人の自首によって解決しただけで、捜査の効果って微妙なままですよね?

ここで疑問があるんですけど・・・
もし、犯人が自首していなかったら、果たして検挙はできたんでしょうか?

まぁ、「年金テロ」と想定していた段階で無理っぽいですけどね。
・・・それとも、犯人を油断させるためにわざとてウソの見解を報道してたんでしょうか?

でも、かなりの勢いで厚生労働省を警戒していましたよね?
もう、あからさまに「テロ恐いですぅ」って感じが現れていましたよね?

って言うか、テロを想定していたからこそ、
警察のお偉いさんが出て来たんですよね?
(だって、普通の事件では出て来ませんもん)

・・・何か、日本の警察の限界がここに見た気がします。

何て言うか、世間(と言うかマスコミ)で騒がれた事件だから重大な事件であり、
重大な事件だから、警察のお偉いさんが出張って捜査に当る、と言う構図の限界です。

だって、前にも言いましたが2人死んだだけですよ?
これがただの国民なら、それだけでは警察は躍起になって捜査しません。

もっと凶悪な犯罪は巷に溢れていますけど(これはこれで問題ですが)、
基本的にそこまで本腰入れているようには見えないですからね。

どっかのマスコミさんが「年金テロだ」って煽ってくれたから、
警察は本腰入れて(的外れな)捜査をしてくれたのでしょうね?

まぁ、社会に大きな影響を与えて事件だから、とか何とか言ってますが、
国民の側としては、役人がどうなろうと知ったこっちゃ無いですからね。

むしろ、「むしゃくしゃして車で轢き殺したくなった」って言うような
人間がそこら辺にゴロゴロしているかも知れないって方が恐いですよ。


まったく、国民の為に働いてくれるお偉いさんはいないもんでしょうかねぇ?


あ、ところで、ボクは「本当にテロなの?」ってブログに書いていましたけど、
本当にテロなんかじゃありませんでしたね(さりげなく自慢してみます)。

若干、ボクの言っていたこととベクトルは違っていましたが。
 
 
posted by カゲロウ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ予防接種・・・

お久しぶりです。
ちょっと風邪を引いてしまいまして、しばらくぶりの更新となりました。

本当は毎日(日曜日は安息日としても)ブログを書くつもりだったんですが、
ちょっとばかり予定が狂ってしまいましたね(残念です)。

まぁ、ちょっと言い訳がましいんですけど、
風邪を引いた経緯を語らせてください。

実はこの前インフルエンザの予防接種に行ったんですよ。
ほら、今年のインフルエンザはハンパないって言うじゃないですか?

インフルエンザには生まれてこの方掛かったことはないと思いますが、
今回のは「下手すると死んじゃう」とかって噂で聞いて、ビクビクですよ。

・・・とは言っても、いつものインフルエンザも可能性があるのは同じですが。
(そう言えば、タミフルとか話題になりましたね? ・・・今もかな?)

まぁ、話は予防接種に戻ります。

予防接種を受けたのはいいんですが、
その時は体調がよかったんで、あまり安静にはしていなかったんです。
(安静にしていろ、とはお医者様には言われていたんですけどね?)

で、気が付いたら体調を崩し始め、いつの間にか風邪を引いたんです。

・・・何か、思いっ切り自業自得なような気がしますが、
とりあえず、「予防接種受けて風邪を引いた」と責任を転嫁して話を続けます。

え〜〜と、確かに、予防接種をすると免疫機構が云々で、
抵抗力が低下して風邪を引きやすいことは知っていてんですけど・・・

・・・まさか、自分がそうなるとは予想していませんでしたよ。

あ、それに、そもそも病院ってウィルスの溜まり場ですものね。
(いろんな人が長時間留まっているし、温度もヌクヌクですからね)

まぁ、だからって言うのもおかしいとは思いますけど、
風邪を引いたのも仕方が無いかなぁと思ってしまいますよね?

でも・・・

ボクは予防接種を受けに行ったのであって、
体調を崩す為に病院に行ったのではないんですけど?

・・・ボクの自業自得なんですけど、
それでも、ちょっとばかり理不尽を感じました。


まぁ、そんな自分にも理不尽を感じましたけどね?
 
 
posted by カゲロウ at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

スマートフォン、赤丸急上昇中!!

スマートフォンは、日本ではまだまだ浸透していないのが現状です。

ですが、携帯会社の各社がスマートフォンに力を注いでいるのを鑑みると、
これから先、需要の拡大が見込まれている、つまり、市場が伸びていく見通しなのです。


さて、ここで「スマートフォンって何?」って方もいらっしゃるでしょう。
・・・例の如く調べてみましたので、サクサクッと解説をさせていただきます。

え〜〜と、スマートフォン (Smartphone) と言うのは、
携帯電話やPHSなどの携帯通信機器と携帯情報端末(PDA)を融合させた携帯端末です。

通常の音声通話や携帯のデータ通信だけでなく本格的なネットワーク機能や、
PDAが得意とするスケジュール管理や情報管理などの多種多様な機能を持っています。

つまり、「多彩なPDA機能が付いた高機能携帯電話」です。
(電話機能付きのPDAと言った方が正しいかも知れませんが)


さて、これでスマートフォンについては何となくご理解いただけたと思います。
ですので、ここからは各社のスマートフォンに対する動きを見てみましょう。

まず、スマートフォンの先駆けとも言えるソフトバンクですが、
「iPhone(アイフォン)」はすでに発売されていることは有名ですし、
今度、映像系に力を注いだ「OMNIA(オムニア)」を発売すると発表しました。

そして、ドコモは「ブラックベリー」の最上位機種「ブラックベリー・ボールド」を、
スマートフォンに遅れがちだったauも「Touch Pro」発売すると発表しました。

それに、携帯端末メーカー最大手のノキアも日本に参入しますし、
グーグルの基本ソフトである「アンドロイド」を搭載したモデルも参入するそうですから。

・・・以上のように、キャリア・メーカーともに、スマートフォンを押しまくりです。

それに、「ネットブックが意外と重くて電池が持たない」などの不満足ユーザーが、
「軽くて電池が持ち、ウェブが充分に使える」スマートフォンに移る可能性もあります。


きっと、来年は「既存のケータイからスマートフォンへの転換時期」になるでしょうね。
 
 
 
posted by カゲロウ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛い話、その後です

昨日、痛い話をしましたが、その経過を報告しようと思います。

簡単に痛い理由を話しますと、右足の親指の爪が剥れたって感じです。
(正確に言うと剥れ掛けたのを治療で除去したんですが)

え〜〜、昨夜こそ痛かったのですが、
朝起きてみると、それほど痛くはありませんでした。

でも、昨日「明日も来てね」とさわやかに担当医さんに言われましたので、
しぶしぶながら(歩くと痛いんです)病院に行って、患部を診てもらいました。

それで、診てもらった結果、
「うん、これなら包帯取っちゃってもいいかもね」
と、キズが大したことないと判断してくれました。

確かにそれほど痛くないし(足に力入れると痛いですが)、
爪がなくなったところにも皮膚ができていたので、そうなんでしょう。

ですが、包帯をとった下にある患部は、
見ているだけで痛い代物であることは変わりありません。

ですので、本当は巻かなくてもいいんですけど、
一応、包帯を巻いてもらいました(見ていると痛いからです)。

それに、この状態でまたぶつけたら、それこそ大惨事ですから。


あ、もともと爪が剥れかけていた状態だったので、
きっと爪の下に皮膚が出来ており、剥れるべくして剥れたって感じだったんでしょう。

だって、よく考えてみると、爪が剥れたら、血ドバドバですよね?
(完全に剥れていなかったとは言え、血がほとんど出てなかったわけですから)

それに、そうとでも考えないと、
一日で爪剥れたのが回復したら、自分の身体の回復力に疑問を持っちゃいます。


さて、これで一連の(と言っても二記事ですが)痛い話は一先ず終結しました。

まぁ、爪が生えてくるまでは、皮膚が剥き出しの状態ですから、
とてもじゃないですが「完治した」とは言えませんけどね。


あ、「見ているだけで痛い代物である患部」なんですが、
説明するのも痛いので説明は省きましたが、知りたい方は仰ってください。

・・・調子に乗って「写真」すら公開しちゃうかも知れませんよ?
 
 
 
タグ:痛い話
posted by カゲロウ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

記念日を彩る楽曲

明日は「いい夫婦の日」ですね。
縁起のいい、この日に結婚したって方は意外と多いと思います。

そんな方々のためにも、
結婚記念日を演出する「重要な要素」を紹介させてください。


さて、その記念日演出の「重要な要素」とは、音楽です。

これは結婚記念日だけに限らず、いろんな記念日もそうだと思いますが、
素晴らしい時を彩るのに、音楽は欠かせない演出の一つだと思います。

ですから、記念日に関した楽曲(意外と多いです)を
BGMとして使うだけで、かなり雰囲気が変わりますよ。

「いかにも記念日」と言う楽曲もあるので、
このような聴覚からの演出をうまく使って場を盛り上げましょう。


では、結婚記念日にあう音楽なんですが・・・
・・・これは、結婚式に流した曲が一番良いかも知れません。

式の時の思い出がよみがえってきて、気持ちが盛り上がるに違いありませんから。

「じゃあ、この記事の意味がなくなるのでは?」と言うツッコミは控えてください。
ボク自身も「せっかく調べたのに、こんな結論が出るとは!!」と後悔してるんですから。

・・・と言うわけで、せっかく「記念日に合う音楽」を調べたので、続けますよ?

まずは、記念日全般に関してなんですが、
松任谷由実さんの「ANNIVERSARY」や、
Kinki Kidsの「ANNIVERSARY」(同名ですね)などが有名ですね。

他にも、竹内まりやさんの「毎日がスペシャル」や
「今夜はHearty Party」なども、中々良い雰囲気を出してくれます。

次は、誕生日の曲を紹介しますね。

まぁ、大定番として「Happy Birthday to You」があるわけですが・・・
これはいろんなミュージシャンが「Happy Birthday」という曲を作っている一方で、、
あまりに「Happy Birthday to You」が定番過ぎてほとんど定着しないのが現状です。

あえて勧めるのでしたら、aikoさんの「瞳」と言う曲ですかね。
しっとりとしたバースデーソングになっていますので、落ち着いた雰囲気をどうぞです。

んで、卒業の曲なんですけど、これもいっぱいあります。

大定番は尾崎豊さんの「卒業」でしょうし、
ユーミンの「卒業写真」もいいですね。

最近だと、レミオロメンの「3月9日」もいい感じですし、
森山直太朗さんやコブクロの「桜」なども良い曲ですよね。

・・・意外と校歌なども懐かしくていいかも知れません。
(曲を用意できるかは極めて微妙ですけれども)


さて、記念日を彩る音楽について見てきましたが、
何かの役に立てたならば、非常に嬉しいですね。

・・・心に残る「記念日」を送れますように、祈っております。
 
 
 
posted by カゲロウ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。